文房具・画材・美術

「ブレン3C」サイズはそのまま!シンプルな見た目とは裏腹に高性能なボールペンをレビュー!

bLen3cカラーバリエーション

どうも!文房具大好きゲンです!

皆さんはZEBRA(ゼブラ)から販売されている「ブレン(bLen)」というボールペンをご存知ですか?

 

2018年12月から販売され発売後約3ヵ月で累計販売本数100万本を突破するという人気のボールペンです。

ZEBRAから販売されているbLenシリーズ左からbLen0.5、bLen3c0.5、bLen3c0.7

筆記時に生まれる振動を抑えてブレなくストレスフリーな書き心地を楽しむことができるのが「ブレン」の最大の特徴です。

商品名の「ブレン」は「ブレん(ブレない)」からきています。

ユニークな名前ですね笑

 

今回、2020年3月14日にブレンシリーズに3色搭載したモデルが発売されました。

 

一般的に多色ボールペンになると単色のものより軸径が太くなってしまうのが当たり前ですが、この「ブレン3C」は「ブレン」単色のときと太さが変わらずスリムなんです!

携帯時にもかさばらない、更なる進化を遂げた「ブレン3C」をレビューしてみようと思います!

(ちなみに「ブレン3」の「C」は「Color」の「C」だそうです!)

「ブレン3C」は5色の軸色、2種類のボール径

bLen3cカラーバリエーション

「ブレン3C」は

  • グレー
  • ブルーグリーン
  • ピンク

5色の軸色があります。

ビジネスシーンに使いたい方や可愛くおしゃれに楽しみたい方にとっても軸色の選択肢が多いのは嬉しいですね。さまざまなシーンで使えそうです。

 

また、ペン先の太さは

bLen3C2種類のペン先の太さ、ボール径

0.5mm0.7mmの2種類があります。

価格は1本400円(税抜)です。

3色ボールペンとしてはリーズナブルな価格ではないでしょうか!

 

「ブレン」と「ブレン3C」の見た目を比較

従来の単色の「ブレン」と3色になった「ブレン3C」を比較してみました。

並べてみると・・・・・・・

bLenとbLen3cの比較上が単色のbLen、下が3色搭載したbLen3c

 

「ブレン3C」は3色に増えたにも関わらず、単色の「ブレン」とサイズはほぼ同じです!

いっぱい色を持ち歩きたいけど、かさばりたくはないっという欲張りな方にもおすすめ!

bLen3cのノック

また、赤色と青色は両サイドにノックがあり、使用頻度の高いであろう黒色はノックしやすい大きな背面にあります

 

「ブレンシステム」による実際の書き心地は?

「ブレン3C」が3色ボールペンであるにも関わらずスリムだということは分かりました。

では、実際の書き心地はどうでしょうか?

ブレンシリーズの最大の特徴は、やはり何といっても「ブレンシステム」です。

 

筆記時のストレスとなる振動を抑えブレずに書けるという「ブレンシステム」ですが簡単にご紹介すると3つの特徴があります!

「ブレンシステム」の3つの特徴

 

①「ダイレクトタッチ」でペン先のブレを防ぐ

bLen3cダイレイクトタッチ

ペン先に注目してみて下さい。(マクロレンズで撮影してみました!)

ノックすることで出てくるこのペン先がガタガタと動かないようジャストフィットしています。

ペン先がしっかりとホールドされているので「ブレ」を防ぐことができるんですね!

 

 

②「低重心」で安定した書き心地

bLen3c低重心

また、ブレンシリーズのボールペンは重心が低くなっています。

低重心なので安定した書き心地を楽しむことができます!

 

③各パーツの隙間をなくす「ノイズフリー設計」

bLen3cノイズフリー設計

ブレンシリーズは内部の各パーツの隙間をなくすことによってペン内部の「ブレ」を防いでいるそうです。

外から見えないところにもこだわりが詰まっているんですね。

 

実際に書いてみる

上記の3つの「ブレンシステム」によりストレスフリーな書き心地が特徴の「ブレン」。

では、実際に書いてみます。

bLen3c試し書き

持った感じはラバーグリップのおかげか、手にスッと馴染む感じです。

「ブレンシステム」の影響か、確かにブレずに地に足を付けて書いているといった感じ

非常に安定した書き心地です。

3色に増えているにも関わらず単色の時と軸の太さが同じなので握りやすいです!

 

bLen3C比較

0.5mmの方が細いため手帳などに細かく書き込みたい人に向いていそうです。

0.7mmの方は少し太めにしっかり書けるので視認性が高い印象です。

どちらにせよ、「エマルジョンインク」が使われているため、きれいにしっかりと書くことができました!書き心地なめらかです!

「エマルジョンインク」って?

 

ここで簡単に「エマルジョンインク」についてご紹介しておきましょう!

「エマルジョン」(emulsion)は「乳化」という意味で「水の中に油が、もしくは油の中に水が混ざっている状態」のことを指します。

勘のいい方はこれでお気づきかも知れませんが

「エマルジョンインク」は「水性」と「油性」の2種類のインクが融合したインクなんです!

それにより「水性」特有のさらさらとした軽い書き心地

「油性」特有のしっかりとした書き心地の両者の特性を併せ持つインクです。

さらさらと軽い書き心地なんだけどしっかりと書ける」という、この「エマルジョンインク」が「bLen」シリーズに採用されたことも「bLen」の人気の秘密なのかも知れませんね。

替え芯は

SNC-0.5芯

  • SRNC5-BK(黒)
  • SRNC5-BL(青)
  • SRNC5-R(赤)

SNC-0.7芯

  • SRNC7-BK(黒)
  • SRNC7-BL(青)
  • SRNC7-R(赤)

が対応する交換リフィルです。

長時間書く方やストレスなく書きたい方におすすめ!

bLen3C

以上、「ブレン」シリーズから新登場した「ブレン3C」のご紹介でした!

改めて特徴をまとめると

  1. 「ブレンシステム」でブレずにストレスフリーに書くことができる。
  2. 3色ボールペンなのに軸が太くないので握りやすく疲れにくい
  3. 「エマルジョンインク」でさらさらとした書き心地でしっかり書ける

といったところでしょうか。

シンプルで飽きのこないデザインでビジネスシーンをはじめ、さまざまな場面で活躍できる1本だと感じました!

特に長時間書くことの多い方におすすめです!

シンプルな見た目とは裏腹に高性能なボールペン「ブレン3C」のレビューでした!

書く機会が多ければ多いほど「bLen」の恩恵を感じられると思います!

それでは、次回もお楽しみにっ!!