文房具・画材・美術

消せる多色ボールペン比較!頻繁に色を使い分けるなら「 フリクションボール3 」・スリムに携帯したいなら「 ユニボール R:E 3 BIZ」がおすすめ!

消せるボールペン比較

どうも!

文房具大好き ゲン です!

皆さんは消せるボールペン

使ったことはありますか?

 

PILOTのフリクションボールペン

消せるボールペンと言えば

PILOT」のフリクションボールペンが

有名ですよね。

 

書いた後にラバーなどで擦ることにより

摩擦熱でインクが消えるという便利な

ボールペンです。

 

私もフリクションボールペンを

勉強やスケジュール帳などに

よく使っています。

 

しかし、消せるボールペンは

PILOT」のフリクションだけではありません。

 

「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」

先日、文房具屋で購入した

「三菱鉛筆」の

ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)

なかなかスタイリッシュなデザインで

良さげでした。

 

「PILOT」の「 フリクションボール3 」

私は普段、鞄の中に多色ボールペンである

PILOT」の「 フリクションボール3 

忍ばせていますが

今回見つけた

「三菱鉛筆」の

ユニボール R:E 3 BIZ

携帯性に優れて良さげだと感じたので

PILOT」の

フリクションボール3 」と

比較しながら

それぞれのおすすめな点を

レビューしてみたいと思います。

価格

 

  • PILOT」の「 フリクションボール3 」は 600+税
  • 「三菱鉛筆」の「 ユニボール R:E 3 BIZ」は 1,000+税

です。

 

外観

消せるボールペン比較

それぞれの外観を見てみます。

今回はどちらもブラックの本体色で比較します。

 

方式の違い

 

フリクションボール3 」は、黒・赤・青、3色の「スライドレバー式」

「PILOT」の「 フリクションボール3 」はスライドレバー式

スライドレバー式の良いところは使いたい色を

サッと選んで出せるところだと思います。

ただ、鞄の中などに入れておくと

不意にスライドレバーが当たりペン先が出てしまうことも

 

ユニボール R:E 3 BIZ 」は、黒・赤・青、3色の「ノック式」

「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」はノック式

フリクションボール4 」が「スライドレバー式」だったのに対し

こちらは「ノック式」。

「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」は使いたい色を選んで回す

使いたい色を軸を回して選び、その後ノックして

ペン先を出します。

軸に「スライドレバー」が無い分とてもスリムな印象です。

その代わり、「スライドレバー式」と比べると

軸を回してからノックするという2段階の動作を必要とするので

頻繁に色を使い分ける方にとっては少々不便に感じるかも。

 

グリップ部の違い

 

フリクションボール3 」は、グリップ部がゴム製

「PILOT」の「 フリクションボール3 」のグリップ部はゴム

こちらは一般的なゴム製のグリップです。

安定のグリップ性能で、持ちやすさ滑りにくさは折り紙付きです。

しかし、ゴムの特性上、埃や汚れなどがつきやすいという欠点はあります。

 

ユニボール R:E 3 BIZ 」は、ローレット加工の金属製

「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」のグリップ部はローレット加工の金属製

対して、こちらはローレット加工の金属製です。

耐久性のある金属グリップで高級感もあります。

傷みにくく汚れてもサッと拭けるのが良いです。

 

ラバー部の違い

 

フリクションボール3 」は、尻軸部にそのまま

「PILOT」の「 フリクションボール3 」のラバー部

フリクションボール3 」は、尻軸部にラバーがあり

そのままサッと消すことができます

 

ユニボール R:E 3 BIZ 」は、尻軸部にキャップ付き

「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」のラバー部

ユニボール R:E 3 BIZ 」には、キャップが付いており

キャップを外すことでラバーが出てきて消すことができます。

キャップでラバー部を汚れなどから守れます

消すためにはキャップを外さなくてはなりません

また、キャップは小さいのでなくさないよう注意が必要です。

 

クリップ部の違い

 

フリクションボール3 」は、開閉式

「PILOT」の「 フリクションボール3 」のクリップ

開閉式で手帳や少し厚みのあるものにも

挟めそうです。

 

ユニボール R:E 3 BIZ 」は、シンプル

「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」のクリップ

こちらは非常にシンプル。

胸ポケットなどに挟むのにもスタイリッシュ

良さげですね。

 

 

「書き味」と「消えやすさ」を比較

消せるボールペンの書きやすさと消えやすさを比較

それぞれ描いてみたところ

PILOT」の「 フリクションボール3 の方が

インクが濃い印象でした。

インクの濃さは好みもありますが

インクの濃さの違い上:「フリクションボール3」、下:「 ユニボール R:E 3 BIZ 」

 

濃いめが好きな方は

PILOT」の「 フリクションボール3 

薄めが好きな方は

「三菱鉛筆」の「 ユニボール R:E 3 BIZ 

がおすすめです。

 

「PILOT」の「 フリクションボール3 」の消えやすさ「PILOT」の「 フリクションボール3 」
「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」の消えやすさ「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」

また、消えやすさについては

どちらも似ており差は感じられませんでした。

 

【まとめ】それぞれに一長一短あるので用途に応じて使い分ける

消せるボールペン比較

それぞれの特徴をまとめると

PILOT」の「 フリクションボール3 

 

【良い点】

  • スライドレバー式でサッと色を使い分けられる
  • ゴムのグリップで握りやすい。
  • ラバー部が剥き出しなのですぐに消せる
  • 開閉式で少し厚みのあるものも挟めそうなクリップ。
  • インクは濃いめ

【悪い点】

  • スライドレバー式は鞄の中でうっかりペン先が出てしまうことも
  • グリップのゴムが汚れやすい

 

「三菱鉛筆」の「 ユニボール R:E 3 BIZ 

【良い点】

  • ノック式でスリム。鞄の中で不意にペン先が出にくい。
  • ローレット加工の金属製グリップで耐久性が高い
  • ラバー部にキャップがついているため汚れにくい。
  • スタイリッシュなクリップ部。
  • インクは薄め

【悪い点】

  • 色を変えたいときに回してノックっという2段階の動作が必要
  • ラバー部のキャップをなくしやすそう

です。

 

「PILOT」の「 フリクションボール3 」

PILOT」の「 フリクションボール3 」は

スライド式でサッと色を使い分けられ

消したいときにラバーでサッと消せるので

手帳などこまめに色を使い分けたい方におすすめ!


「三菱鉛筆」の 「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」

「三菱鉛筆」の「 ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)」は

ノック式によるスリムな軸

耐久性のある金属製グリップで

常に鞄や上着のポケットなど

スリムに携帯したい方におすすめ!



好みもあるとは思いますが

それぞれに一長一短あるので

用途に応じて選んでみもいいかもですね。

 

また、おすすめな文房具など

見つけましたら

ご紹介していきたいと思います!

それでは、次回もお楽しみにっ!!