文房具・画材・美術

用途に応じて使い分けられる!コピックはデザイナーさんや絵描きさんも愛用しているアルコールマーカー!

コピック

どうも!お絵描き大好き ゲン です!

今回は、

アルコールマーカーの

コピック」を

ご紹介したいと思います!

 

コピックはアルコールマーカー

コピックは、株式会社Tooが販売しているアルコールマーカーです。

プロの漫画家イラストレーター

建築、ファッションなどのデザイナー

などにも愛用されています。

特徴として

  • 透明な染料で発色が美しい
  • 色数が多く表現の幅が広がる
  • 混色しても濁りにくい
  • 乾きが早い
  • 長く使えて経済的

などがあります。

 

透明な染料で発色が美しい

コピック発色が美しい

コピックは発色がとても美しいです。

作家さんたちの綺麗なイラストを

見て、自分もコピックを使ってみたいっ!

と思われた方も多いのではないでしょうか?

 

色数が多く表現の幅が広がる

コピック色数が多い

コピックの色数は

全358色です。

色数が多いため

表現の幅も広がります

 

混色しても濁りにくい

コピック混色

混色しても濁りにくく

綺麗なグラデーション

表現することができます。

 

乾きが早い

コピック乾きが早い

コピックはアルコールインクなので

速乾性があるのも特徴のひとつです。

すぐに乾くので

手や紙が汚れにくいです。

コピックの裏写りコピックの裏写り

ただし、アルコールインクの

特性上、裏写りしてしまうので

イラストなど描くときは

紙の裏に何か敷いて置くことを

おすすめします。

コピックスケッチブック

紙の種類によっても

裏写りのしやすさなどが

変わってくるので

いろいろ試してみるのも

面白いです。

また、コピックにおすすめな

スケッチブックなども

今後、紹介していきます!

 

長く使えて経済的

コピック交換用ニブ

コピックって1本あたりの

価格が高くて手が出しにくいという

イメージの方もおられるかもしれません。

しかし、コピックは

インクを補充でき

ペン先のニブ傷んでしまったら

交換することもできるので

長く使えて経済的です。

 

4種類のコピック

コピック」には用途に応じて

  • スケッチ
  • チャオ
  • クラシック
  • ワイド

4種類があります。

コピック スケッチ

コピックスケッチ

1本 380円(税別)です。

全358色 と色数が多く、

1番人気の製品です。

ペン先は

  • ミディアムブロード(太描き用)
  • スーパーブラシ(細描き用)

の2種類です。

スーパーブラシがイラストを描くのに

向いています

コピックスケッチのキャップ部

ボディは楕円型をしているので

机の上など転がりにくいです。

後述する コピックチャオよりも

1本あたりのインク容量が多いため

長く使えます。

また、キャップに色番号が書いてあるので

使いたい色をサッと見つけやすいです!

 

コピック チャオ

コピックチャオ

1本 250円(税別)です。

全180色 あります。

ペン先は コピックスケッチと同じで

  • ミディアムロード(太描き用)
  • スーパーブラシ(細描き用)

の2種類です。

コピックスケッチ同様に

スーパーブラシがイラストを描くのに

向いています

コピックチャオのキャップ部

ボディは丸型です。

コピックスケッチと比べて

インク容量が少ない分

価格が抑えられているので

とにかく初期費用を抑えて

コピックを使ってみたいっ!という方に

おすすめのシリーズです。

 

コピック クラシック

コピッククラシック

1本 380円(税別)です。

全214色あります。

ペン先は

  • ブロード(太描き用)
  • ファイン(細描き用)

の2種類です。

ファインは細くて硬いペン先なので

細かい箇所の塗りに向いています

コピッククラシックのキャップ部

ボデイは四角型をしています。

コピックシリーズの中で

最も昔からあるシリーズ

建築、ファッション、インテリアなどの

デザイナーに愛用されているそうです。

 

コピック ワイド

コピックワイドは

すでに廃盤となっており

私は所持していませんが

バリオスインク充填用に

空ボディのみ販売されているようです。

1本 380円(税込)です。

ペン先が太くて広いため

一度に広い面積を塗ることができます

ボデイは扁平型をしています。

 

【まとめ】デザイナーや絵描きさんにおすすめ

コピックの特徴を改めて

まとめると

  • 透明な染料で発色が美しい
  • 色数が多く表現の幅が広がる
  • 混色しても濁りにくい
  • 乾きが早い
  • 長く使えて経済的

などがあります。

また、用途に応じて

  • スケッチ
  • チャオ
  • クラシック
  • ワイド

4種類のコピックがあります。

 

とりあえず、価格を抑えてコピックを

初めてみたい方は

低価格な「チャオ」がおすすめ!

 

 

趣味や仕事などで

今後もイラスト制作など

コピックを長く使っていきたい方は

色数が多く、キャップに色番後が書いてあり

サッと色を見つけやすい「スケッチ」がおすすめ!

 

 

デザイナーなど

ざっくり幅広い色を塗ったり

細かい箇所を塗ったり

塗り分けて使いたい方は

太描き用ブロードと

細描き用のファインニブのある

「クラシック」がおすすめ!

 

 

ぜひ、コピックを使って

様々な表現をしてみてください!

 

また、

所持するコピックが多くなる

収納方法が気になり出します。

コピックの収納や持ち運びには

コピックウォレットがおすすめです!

コピックウォレット72色用
コピックウォレット72色用はコピックの収納や持ち運びにお悩みの方におすすめ!どうも!お絵描き大好き ゲン です! 皆さんは「コピック」っという画材を ご存知ですか? お絵描きが好きな方に...

 

それでは、次回もお楽しみにっ!!